【座席の特徴まとめ】座席選びで後悔しないように!必ずチェック

airplane旅行に役立つ情報

「飛行機の座席は通路側だったら良い」

というのは誰もが口にする言葉なのですが、

決してメリットだけではないですし、

実際に乗ってみたら「違ったな」なんて思う方もいると思います。

全ての座席の特徴を知り、

自分の好みの座席選びをしましょう!

 

 

スポンサーリンク

座席の特徴

簡潔にメリット・デメリットで紹介しています。

出来るだけ避けたい『オススメできない座席』についても紹介していますので参考にしてみてください!

 

In the plane-b

【座席の特徴】『窓側』の座席

メリット

外の景色を楽しめる。

壁に寄りかかることができ、

寝るときも隣にあまり気を使わなくても良いので楽。

デメリット

トイレに行きたい時、

隣の席の人に動いてもらう必要があるため行きずらくなる。

到着時に棚から荷物を取り出す際、

乗客が降りだしてからでないと取り出しにくい。

まとめ

何もしなければ景色が見れて、壁に寄りかかれるので一番楽な座席です!

ただし、隣の席が埋まっていると、

動く際に必ず動いてもらう必要があるので、

トイレが近い方や、機内で使う物をちゃんと揃える自身がない方には向いてないかもしれません。

 

tuurogawa

【座席の特徴】『通路側』の座席

メリット

トイレに行きやすい。

到着後、棚から荷物を取り出しやすい

デメリット

外の景色が見えにくい。

人によるかもしれませんが、乗客や添乗員さんが通るたび気になるかも。

まとめ

動きやすさに適した席ですね!

トイレが近い方や、到着後すぐに飛行機からおりたい方にはオススメです!

通路側は人の通りが多いので、体格がいい方は少し窮屈な思いをするかもしれません。

気にならなければ問題ないでしょう!

 

center

【座席の特徴】『真ん中』の座席

メリット

隣がいなければ座席を広々使える

通路側より景色が見やすく窓側よりトイレに行きやすい

デメリット

両隣がいるとあまり居心地が良くないですし、

体格の大きい人が隣だと圧迫感があります。

まとめ

真ん中の席は完全に両隣次第です、、!

ただ、窓側と通路側のメリットを半分ずつ得られるので、

短距離飛行ならそこまできにする必要もないでしょう。

長距離となると両隣に乗客がいるとかなり窮屈で気も使うので、

両隣どちらかが空席であることを祈りましょう!

 

In the plane-f

【座席の特徴】『最前列』の座席

メリット

前方が広く足が伸ばせる

通路側窓側関係なくトイレなど移動しやすい。

デメリット

大体非常出口が近くにあるので、

離陸前に非常時の説明を受けて非常時には乗客を誘導しなければなりません。

まとめ

前の席を気にしなくてもいいですし、

簡単に立ち上がれるし、足も開放できるので、

最前列に空席があるならすぐにでも変わりましょう!

ただ、個人的に通路側に関しては大きなデメリットがあるので後述します。

 

passenger

【座席の特徴】『最後列』の座席

メリット

後ろに気を使わずに限界まで背もたれを下げられる

デメリット

料理もドリンクも最後に回ってくる。

エコノミーの場合、選んだ物がない可能性もある。

まとめ

後ろの乗客を気にせず背もたれを前回まで下げられるのは最高ですね!

長距離飛行時には、最後列だと寝やすいので、

少しは疲れを抑えられます。

長距離飛行では、食事を2種類の中から選べるのですが、

乗客が多いと最後列まで回ってくる間に片方の在庫がなくなってしまい、

食べたい方が選べない可能性も出てきます、、。

 

 

 

お勧めできない座席

 

kinai3

【座席の特徴】『最前列通路側』の座席

最前列の近くにはトイレがあります。

トイレを利用する人がよく通るので落ち着かないですし、

添乗員さんが運んでいる台車が当たることもあります。

添乗員さんが通るたびに気を使います…。

それらが気にならないなら良い席ですね^^

 

usirogawa

【座席の特徴】『最後列窓側』の座席

エコノミーの最後列の窓側はすぐ後ろが壁なので背もたれがあまり下がらないですし、

最後列の特徴もあり正直良い所はないのでなるべく避けましょう。

 

 

 

hikouki

座席も妥協したらもったいない!

あくまでもこれらは特徴であって、必ず上述したようなメリットやデメリットを受けるわけではないと思います。

ですが、

国内線や国際線を100回以上乗って超高確率で受けた印象なので十分な参考になるはずです。

もしも予約の際に好みの座席が取れていなくても、チェックインの際に空席なら変更可能なので遠慮せずに変えてしまいましょう^^

同じクラスなら変更に手数料はかかりません

ついつい我慢してしまったり面倒になりがちですが、席は早い者勝ちですし、数時間のフライトでも席が悪いとかなり疲れてしまいます、、。

旅行内容も大切ですが、席も妥協せずに決めましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました