【機内手荷物】荷物の制限を事前にチェック!失敗しない旅行へ

旅行に役立つ情報

飛行機内へ持ち込む手荷物にも制限が…。

飛行機内に持ち込む荷物は『保安検査』の時にチェックされます。

そして忘れがちなのですが、機内への持ち込み制限は“行き“だけではなく、

帰りの飛行機”でも同様にあります。

保安検査の時点で見つかると、スーツケースに再度入れ直すことは困難なので没収または捨てられる可能性が高いです、、。

せっかくのお土産などを没収されないよう十分に注意しておきましょう!

 

この記事では、

  • 機内持ち込み可能品
  • 機内持ち込み不可能品

を表にしてわかりやすく紹介しています。

 

荷物を準備する際は一度はご覧になってみてください^^

 

 

スポンサーリンク

【機内手荷物】持ち込み制限荷物

 

kinainimotsu

 

国際線の保安検査場では、自販機やお店で買ったお茶や水でも、

一定量以上の液体物は持ち込めない』

という規定があります。

 

国内線液体制限

ちなみに国内線で持ち込めない液体物の制限は、

  • 1人あたりの総量が5を超えるもの
  • アルコール度数が70以上のもの

この2項目だけです。

その他の制限は国内線・国際線共に該当します。

爆発などの危険防止やテロまたは危害を加えるなどの犯罪防止のために制限が多数あります。

持ち込み不可に該当してしまうと、没収されますし、物により事情聴取されるかもしれません、、。

もしもすでに準備されているなら再度見直してみてください。

 

mochikomika

機内持ち込み可能品

 スプレー

容器0.5kg又は0.5以内で、

総量は2kg又は2まで

  • ヘアケア用品
  • 制汗・清涼・消臭スプレー
  • 虫よけ・かゆみ止めスプレー
  • スキー、スノーボード用ワックス又は類似するもの

などは持ち込み可能です。

 液体

総量の制限が無い液体

アルコール度数が24以下のもの

度数が24度以上の場合

24以上70以内のものは5ℓまでとなっています。

液体物持ち込み方法

容器が100mℓ以下のもので、かつ小売販売されている容器のものしか持ち込めません。

”免税店で購入した物”はそのまま持ち込めます。

※ただし”乗り継ぎ時”には『専用のセキュリティバッグに入れていなければ持ち込みできません。

免税店で購入時にお願いすると入れてもらえます!

その他、

  • 水やお茶
  • 化粧水、日焼け止めなどスキンケア用品
  • マニキュア、除光液などネイルケア用品
  • 香水やコロン
  • コンタクト
  • メガネ用の洗浄液

は総量さえ守れば持ち込み可能です。

※液体物を持ち込む際は、透明のプラスチック製袋(ジップロックなど)に1つにまとめて入れてください。

保安検査場(セキュリティゲート)で確認されます。

電池
バッテリー

制限のあるリチウム製品

リチウム金属電池やリチウムイオン電池以外は制限なし。

リチウム電池に該当するもの

  • パソコン
  • 携帯電話
  • 充電式時計
  • モバイルバッテリーなどの充電式電池

『リチウム金属電池』の制限

電子機器本体・予備電池共にリチウム含有量2g以下のもの。

医療電子機器は、本体・予備電池共にリチウム含有量8g以下のものです。

『リチウムイオン電池』の制限

電子機器本体・予備電池は2個までで、

共に160Wh以下のもの

医療電子機器も同じ制限です。

調べるのが面倒だと思うかもしれませんが、

一般的には”大型のパソコン”などを持ち込まない限りは心配いりません。

特殊なパターン

電動車椅子電動歩行補助車のバッテリーを持ち込む際は『本体に組み込まれたバッテリー』は持ち込めませんが、

160Wh以下のものは2個まで

300Wh以下のものは1個まで持ち込めます。

ライター
マッチ
  • 綿入りオイルライター
  • ガスライター
  • 安全マッチ

は持ち込み可能です。

合わせて1まで

ただし、ターボライターなど『青い炎を発するものは持ち込めません

*ライター用燃料は持ち込みも預ける事も出来ません。

酸素ボンベガスなど
  • 医療用酸素ボンベ
    ∟1容器5kgまで
  • 機会義肢用ガスシリンダー
  • 膨張式救命胴衣
    本体はシリンダー2個つき:1まで

∟予備シリンダー:2まで

  • 救命胴衣用以外の『引火性ガス・毒性ガス』が含まれていないガスシリンダー
    1容器50mℓ以下のものが4個まで
  • キャンプ用のカセットコンロ・ガスバーナー
    残留ガスがないもの

は持ち込み可能です。

日用品
スポーツ
レジャー
  • 服、靴などの衣類
  • 薬類

*薬の証明書または証明できる箱なども持っておくといいでしょう。

  • ヘアカーラー、ヘアアイロン
    ガス式は』持ち込み可

∟『詰め替えガス』は持ち込み不可

  • シェーバー
  • スキューバダイビング用ライト
  • スキー、スノーボードワックス(固形)
  • テニスラケット
  • 浄化・浄水用の炭または活性炭
  • 生鮮食品などを冷却するためのドライアイス
  • 心臓ペースメーカー
  • 電球、蛍光灯
  • スポーツ用ボール
  • 電子タバコ
  • 水銀気圧計、水銀体温計
    破損防止のため十分に保護される容器を使用する事
  • ヨガマットなどのスポーツ用品
    60cm以下または折り畳んで60cm以下になるもの

    は持ち込み可能です。

先端が鋭利なもの
  • 自己使用注射器
    医者から処方された『在宅自己注射対象薬剤』を投与する場合のみ
  • 編み棒、裁縫針
  • 安全ピン、爪切り
  • 傘や体が不自由な為に使用するステッキ
    先端にキリ状の物または金属がついてないもの

は持ち込むことが可能です。

 

mochikomifuka

機内持ち込み不可能品

 日用品

スポーツ
スプレー
  • 防水スプレー
  • カーペットクリーナー
  • スプレーのり
  • 塗料スプレー

が該当します。

 液体
  • アルコール度数が70度を超えるもの
  • 接着剤
    ただし引火点が摂氏60を超える液体状のものは可能
  • 漂白剤、強カビ取り剤

が該当します。

有害

毒性のあるもの
  • 殺虫剤、農薬
  • シンナー、ニス
  • エタノール、クロロホルム
  • そのほか類似するもの

が該当します。

ガス
  • カセットコンロ
  • ガスバーナーのガスボンベ
  • 1容器50mℓを超える消火器
  • 『引火性ガス・毒ガス』の含まれているガスシリンダー

が該当します。

火薬類
  • 花火、クラッカー
  • 発煙筒、弾薬
  • そのほか類似するもの

が該当します。

その他日用品
  • 液体やペースト状のワックス

(スキー又はスノーボード用)

  • 燃焼用の炭または活性炭
  • オイル充填式携帯カイロ
  • 加熱式弁当(発熱剤付き弁当)
  • 瞬間冷却パック

が該当します。

刃物

銃砲
  • 刀、彫刻刀
  • ピーラー、缶切り
  • ナイフ
    おもちゃなど凶器にならないと判断されれば持ち込み可能
  • カミソリ
    小型のまゆ毛剃りは持ち込み可能
  • ハサミ
    先端が尖ってなく、刃部が6cm以下であれば持ち込み可能(まゆ毛ハサミ・鼻毛用ハサミ・裁縫用ハサミなど)
  • カッター・葉巻きカッターなどカッター類
  • 鉄砲、空気砲、BBガン、玩具銃
  • パチンコ、弓矢
  • 喫煙パイプの清掃用カーボンカッタ

が該当します。

 護身用武具

スポーツ用品

棒状のモノ

凶器となりうるもの
  • スタンガン
  • メリケンサック、ヌンチャク
  • ゴルフクラブ
    ヘッドのみ持ち込み可能
  • バット、バトン
  • アイススケート靴
  • スティック
    (ゲートボール、ホッケー、ラクロスなど)
  • ビリヤードのキュー
  • 金剛杖、木刀、竹刀

下記のものは、
先端にキリ状の物または金属がついてないもの60cm以下折り畳んで60cm以下
であれば持ち込めます。

  • スキー板、スノーボード
  • スキーまたは登山用ストックあるいはステッキ
  • 義手または義足
  • 三脚または一脚
  • 釣竿、マッサージ棒、麺打ち棒
  • ビーチパラソル

が該当します。

 道具

工具
  • スパナ、レンチ
  • バール、
  • ヤスリ

    長さ15cmのものは持ち込み可能

  • シャベル、ハンマー
  • キリ、ドライバー、ノコギリ
  • ドリル、金属製ヘラ

が該当します。

 先端が鋭利なもの
  • ダーツの矢
    先端に金属製のキリ状のものが付いてないものは持ち込み可能
  • かんざし
    木製やプラスチック製のもので凶器と判断されないものは持ち込み可能
  • アイスピック、ピッケル
  • 金串、火箸
  • ワインオープナー、ピンセット
  • その他凶器となりうるもの

が該当します。

 

 

 

【機内手荷物】荷物の制限についてまとめると

基本的に『発火性・引火性のあるものや、

有害なもの・凶器になりうるものは持ち込めません。

リチウムの許容量が、グラムやWhだとわかりにくいと思うので僕の普段の持ち込み荷物を参考にしてみてください。

  • 携帯電話×2個
  • タブレット
  • ノートパソコン
  • ヘッドホン
  • 各充電器

上記以内なら問題なく持ち込めます。

数値ではわかりにくいですが意外と持って入れるんです^^

Pointメモ

免税店で購入したものは使用するまで開封せず、

いつ確認されてもいいように念のためレシートを保管しておきましょう。

上記表の例外として、中国・フィリピン・インド発便はライターもマッチも持ち込み不可となっています。

 

 

意外と知らない荷物制限…これらも実は液体物!

  • ヨーグルト
  • 缶詰、瓶詰め
  • 味噌
  • ゼリー
  • 漬物
  • シャンプーなどのソープ類、歯磨き粉
  • ヘアクリーム

上記のものも液体物なので手荷物検査時に制限が適用されてしまいます。

液体物って結構判別が難しいですよね…。

 

Pointメモ

制限品に該当するか微妙なものは、

  • スーツケースに入れてしまう
  • お土産などであればお店から発送してもらう

これらの方法が望ましいですね♪

せっかく購入したものを没収される事態だけは避けたいですし、、。

一か八かの勝負はせず自分の荷物は自分で守りましょう!

機内手荷物のサイズや重量にも注意しておく必要があります。

まだ調べてない方はこちらの記事を参考にしてみるといいですよ^^

【航空会社別】機内持ち込み荷物のサイズや重量制限を簡単チェック
飛行機内手荷物をまとめる際に、こんなに持ち込めるのかな…。重量制限ってあるの…?という疑問が出てくる方もいるのではないでしょうか。各航空会社ごとのサイズ・重量の制限がわかるように表にして紹介しています^^

良い旅になりますように^^

タイトルとURLをコピーしました