【英語の処方箋】海外旅行で英語は必要?〜自分に合った方法を選択〜

英語

「海外旅行へ行こう!」と考えた時に不安なのはやはり”言葉の壁”ではないでしょうか。

 

中学〜大学まで簡単な英語は勉強してきたけど自信がないな…。

海外旅行でどこまでのレベルの英語が必要なのか未知数だな…。

 

海外旅行の経験が一度や二度では不安も多いですし、ましてやアジアの圏外へ行くなら余計心配になってきますよね。

 

この記事では『英語はできないけど海外旅行へ行きたい方』への処方箋として、英語が必要なタイミング・旅行先での状況に応じた英語の対処法などを紹介していきます。

 

こんな方におすすめ

  • 海外旅行へ行くのに英語が出来ないけど大丈夫なのか不安…。
  • 英語はいつ必要なのか?話せた方がいい言葉はあるのか知りたい。
  • どこまでの英語レベルが必要なのか見当つかないけど行く前に知っておきたい!
  • 今から勉強するのは面倒だし時間がない。
  • 英語の便利アイテムを知りたい。

 

 

スポンサーリンク

海外旅行は英語が出来ないと難しいのか?それとも可能なのか?

まず海外旅行において英語が必要かどうか。

結論から言いますと英語ができない状態でも海外旅行は可能です。

 

英語の対話本や翻訳アプリ・翻訳ツールを使うことで解決できるからです。

 

英語本や翻訳アプリ・翻訳ツールの使える場面/使えない場面については後述しています。

 

ただし英語を一言も話せないとせっかくの海外旅行なのに現地の方と交流ができないので、

簡単に覚えられる単語や文章を予習しておいて練習がてら試してみるのも海外旅行の醍醐味かもしれませんね。

 

それではここからは英語圏でどのくらいの英語力が必要なのか?どのくらいの英語力があったら問題ないのか?について紹介していきますね。

 

 

英語圏への海外旅行ではどのくらいの英語力が必要?

海外の旅行先でどのくらいの英語力が必要なの?

こんな問いかけをよく耳にしますが、

必要な英語力は旅行先での状況や場面によって変わってくるので一概には言えません。

 

例えば、

お店で注文する時には「サイズ・冷たい・商品名」など必要な単語を繋げて答えればいいのですが、現地の方と交流をするならばある程度の英文を作れなければ会話は難しいかもしれません。

 

ですがたとえ英文を場面に合わせて作れなくても落ち込むことはありません^^

 

頑張って英語を考えて話すよりも翻訳アプリや翻訳機を使ってしまった方がスムーズに話が進むこともあります。

 

英語で疲れるよりも旅行を楽しむ方が優先です!

楽できるところは楽をしてしまいましょう^^

 

次に『英語が必要となる場面』と『場面ごとの会話内容』について紹介していきます。

 

 

海外旅行で英語が必要なのはいつ?場面は?

いくら翻訳機などを使うと言っても英語ができないと海外旅行に不安を抱かれる方は多いと思います。

 

なので事前に英語が必要とされる場面についてざっくりと洗い出してみます。

どれも海外旅行に行けば経験するであろう内容になっています。

 

英語ができなくても対策なら今からでも間に合います!

 

 

入国から帰国日までの間で英語が必要な場面

  1. 入国審査
  2. 乗り継ぎ(保安検査)
  3. タクシー
  4. ホテルチェックイン
  5. 買い物
  6. 食事・注文
  7. アクティビティなどイベントの予約

 

帰国日から日本入国までの間で英語が必要な場面

  1. ホテルチェックアウト
  2. 空港チェックイン
  3. 保安検査

実際に書き出すと多く感じるかもしれませんが、ほとんどの場面は英単語で対応できます。

 

こんなに多いと本当に英語の本や翻訳機で対応できるか不安になるかもしれませんが問題ありません。

 

重要なのは『何を聞かれるか事前に把握していること』です!

 

 

これさえ知っておけば大丈夫!海外旅行の英語対策

それぞれの場面での基本の質問内容や対策について紹介していきます。

 

 

入国審査

immigration

 

入国審査に関しては、1週間などの短期旅行であればほぼ質問されないのであまり心配する必要はありません。

 

*ただし携帯は基本的に使用できないので注意してください。

 

質問内容

  • 旅行・渡航の目的
  • 旅行の期間

基本的にはこの2つだけです。

 

移民問題・政治で入国が厳しいアメリカやアイルランドなどで長期滞在するなら『何をするのか?』など旅行の内容を詳しく聞かれたり多少なりと英語が必要になってきます。

 

英語出るかもフレーズ

トリップ(Trip):旅行

パーパス(Purpose):目的

ハウ・ロング(How long):どのくらい

 

対策

上記2つの質問に関しては「sightseeing(観光)」「Two weeks(2週間)」など単語で答えれば問題ありません。

 

ホテル予約やeTicketの写しなど”滞在においての必要書類”をあらかじめ用意しておくと何を聞かれてもスムーズに対応することができます。

 

入国審査の流れについては『入国までの流れを知りスムーズに通過しよう!不安を事前に解消』で詳しく紹介しています。

 

 

乗り継ぎ(保安検査)

airport

 

保安検査内容は日本を出国する時と同じなので心配ないかもしれません。

同じ内容だとわかっていれば英語でもあまり焦らずに済みますね^^

 

質問・お願い内容

  • パソコン・タブレットを鞄から出してください
  • 財布・ベルトなど金属類は外してください
  • コートなどの上着は脱いでください
  • 液体は捨ててください
  • ポケットには何も入っていないですか?

 

 

英語出るかもフレーズ

ピーシー(PC):パソコン

ウォーター(Water):水

テイク・イット・アウト(Take it out):出して

イン・ユア・ポケット(In your pocket):ポケットの中

*タブレット・コートは英語なのでそのまま

 

対策

質問やお願いされる物を事前に出しておけば「OK!」と答えるだけで問題ありません。

 

*貴重品に関してはリュックや鞄の中に入れておくことをおすすめします。

 

保安検査に関しては『空港の保安検査をスムーズ!不安を事前に払拭しよう』にてまとめていますので心配な方はご覧になってみてください^^

 

 

タクシー

Taxi

 

タクシーなどの移動手段は海外旅行において非常に重要な問題となってくると思います。

 

もちろんオプショナルツアーなどで送迎予約をしておけば問題ないのですが、ホテルからの移動など”細かい移動時”にはタクシーを自由に使えないと不便ですね。

 

英語ができないと利用するには自信がないかもしれません。でも大丈夫!自信がない方でも安心の対策について紹介していますよ。

 

質問内容

  • どこへいきますか?
  • ここでいいですか?

不測の事態がなければ日本と同じ利用方法ですね。

 

 

英語出るかもフレーズ

ホエア・アー・ユー・ゴーイング(Where are you going ):どこへ行きますか?

ヒア(Here):ここ

 

対策

事前に行きたい場所の名前や住所を携帯か手帳にメモしておくと質問されても焦らずに済みます。

 

この方法であれば英語で説明できなくてもメモを見せるだけで問題ありません。

 

僕がおすすめするのは一般のタクシーよりもUberなど『アプリで頼めるタクシー』です。

 

個人のタクシーではありますが、毎回評価をされていますし相手の情報を事前に知ることができます。

*事前に利用できる国を知ることも可能です。

 

軽い移動にも便利ですが、お酒が飲みたいけど歩くには距離がある場所へ行くのにも便利です。

 

海外でのタクシーアプリ利用は敷居が高く感じるかもしれませんが、意外と簡単ですし基本的に話しかけてきません。*個人差はあります。

 

Uberの利用方法について興味があればこちらの記事をご覧ください。

【Uber(ウーバー)】使い方は簡単で早い!海外で必須の移動手段
ウーバーの使い方や注意点・便利な使い方まで詳しく紹介しています!利用していないとわからない情報もあるのでウーバーが気になっている方や海外の移動手段を探している方は是非ご覧になってみてください^^

 

タクシーや公共機関を使用する際は地図アプリを併用して確認すると間違いが起きにくいのでおすすめです!

 

 

ホテルチェックイン

hotel

 

あまりに激安なホテルやマイナーな国でなければ英語ができない場合でもうまく対応してくれるのであまり心配することはありません。

 

*ホテルは価格で客層が変わってくるので、慣れない間は安すぎるホテルは控えることをおすすめします。これ結構重要です。

 

質問・お願いの内容
  • チェックインお願いします(自分)
  • 予約はありますか?
  • ファーストネームは?
  • パスポートを見せてください
  • 予約内容の確認
  • デポジットが必要です(ホテルにより有無あり)
  • 料金の支払い(ホテルによりチェックアウト時もある。カード支払いであれば必要なし)
  • 朝食や客室番号・エレベーターの説明

 

デポジットとは:補償金のことで、ホテル側の保険みたいなもの。チェックアウト後に返金されます。

 

 

英語出るかもフレーズ

リザベーション(Reservation):予約

アイディー(ID):パスポート

ペイ(Pay):支払い

ルームナンバー(Room number):部屋番号

 

対策

  • ホテルの予約書類またはデジタル書類であれば携帯画面
  • パスポート

これらは事前に準備しておきましょう。

 

海外旅行でホテルに泊まる際は必ず身元確認書類(パスポート)の提出を求められます。

 

ホテルのチェックイン時には書類さえ出しておけば話が進んでいくので事前準備が重要となってきます。

 

 

買い物

shopping

 

衣類・食べ物・お土産さまざまな場所へ買い物に行くかもしれません。

買い物は旅行の醍醐味と言ってもいいぐらいですね。

 

質問・受け答え内容

  • 何をお探しですか?助けは必要ですか?
  • 質問があったら聞いてください
  • サイズは?
  • 一個買ったら一個無料(割引)ですよ
  • 料金は〇〇です
  • 袋はいりますか?
  • レシートは袋に入れますか?

 

 

英語出るかもフレーズ

ヘルプ(Help):手伝い(助け)

クエッション(question):質問

ワン・バイ・ゲット・ワン〇〇(One buy get one〇〇):一つ買ったら一つ〇〇です

バッグ(bag):袋(鞄)

*〇〇の内容は割引率(%)か無料が入る

 

対策

英語ができないのにこんなに話しかけられたら頭が混乱してきそうですね…。

 

ですが自分に必要な情報以外は聞こえなくても問題ありません。むしろ必要なことだけこちらから聞く(翻訳する)スタイルでいいと思います。

英語ができないのは察してくれるはずです^^

 

  • 事前に欲しいものは画像で残しておいていつでも表示できるようにしておく
  • 旅行先の国の服・ズボンのサイズの基準を調べておく(日本と海外ではサイズの表記が違います)
  • 必要ないものは無理せず「I don’t need it. Thank you.(必要ないです。ありがとう)」と言う

これらは重要なポイントなので可能な限り実践してみてください!

 

デパートなど大きい施設ならまだ安全かもしれませんが、露店では表示価格よりも高く提示される可能性もあるので価格を確実に覚えておきましょう。

 

 

食事・注文

restraurant

 

食事は事前予約していたり、自由旅行であれば近場で食べる予定かもしれません。

 

食事の会話は基本的に定型文なので使いまわせますし覚えやすいので予習していくのもありですね^^

 

質問・受け答え内容

  • ここで食べますか?お持ち帰りですか?(ファーストフード店など)
  • 予約はありますか?名前は?(予約していれば)
  • 何を飲みますか?お水?
  • 注文の準備はできましたか?
  • 支払いは一緒ですか?別々?(複数人の場合)
  • お会計は現金?カード?

 

 

英語出るかもフレーズ

フォー・ヒア・オア・トゥー・ゴー?(For here or to go?):ここで食べる?それとも持ち帰り?

リザベーション(Reservation):予約

ドリンク(Drink):飲み物

レディー(Ready):準備

オーダー(Order):注文

トゥゲザー・オア・セパレート?(Together or separate?):一緒?それとも別々?

キャッシュ(Cash):現金

 

対策

食事で一番焦ってしまうのは注文の時だと思います。文字だけ見ても発音やら読み方やら判断するのは難しいです。

 

でも大丈夫です。そんな時の処方箋は、指差し「This one(これ1つ)」です!

英語圏に関わらず、海外旅行で現地の言葉がわからなければ指を刺して「これ」と言う方が早いです。

 

もちろん頑張りたい気持ちがあるなら翻訳機などを駆使して英語で話してみるのも有りです!

 

 

アクティビティなどイベントの予約

marinesports

 

登山旅行など旅行の目的が自然観光ではない限り、旅行先ならではのアクティビティや遊園地に行きたくなりますよね。

 

確実に行くには予約するしかありません。ネット予約して行けば問題ないかもしれませんが暇な時間に追加で予約を入れたくなる場合もあります。

 

そんな時はホテルの方に予約をお願いすると話がスムーズに進むことが多いです。

必要とされる質問内容を紹介します。

 

質問内容

  • 予約する内容は?
  • 何日に行きますか?
  • 何時に予約しますか?
  • 何人行きますか?
  • 料金は〇〇でいいですか?

 

 

英語出るかもフレーズ

リザベーション(Reservation):予約

ホエン(When):いつ

ホワット・タイム(What time):何時

ハウ・メニー・ピーポー(How many people):何人

 

対策

ホテルのスタッフにお願いする場合は、翻訳機を使っても良いですし、

「メイ・アイ・メイク・ア・リザベーション?(May I make a reservation?)」

=予約お願いできますか?

と簡単な英文なのでチャレンジしてみてもいいかもしれません。

 

後は必要な情報をメモしておいて見せるだけでOKです!

 

オプショナルツアーを有効的に使えば日本語だけで予約を完了させることもできます。

 

日本語対応のオプショナルツアー専門サイトとレストランなど食事の予約サイトを紹介しておきますね^^

 

日本語対応で便利なのでおすすめです!

 

オプショナルツアー専門サイト【MAPPLE Activity】

mapple

利用者数70000人以上で綺麗なウェブサイトは見るだけで海外に行きたくなる魅力があります。

 

スカイダイビングやマリンスポーツなどのアクティビティをはじめ、レンタカーの予約・空港送迎まで予約可能で多彩なオプショナルツアーを取り揃えています!

 

日本語で予約・対応可能なので安心して利用できます^^

MAPPLEでオプショナルツアーを探す

 

海外旅行はネットで食事予約【グルヤク】

guruyaku

「海外で食事の予約をするのは少しハードルが高い」

そんな方にオススメなのがグルヤクです。

 

24時間オンライン予約可能で時間の変更も可能。座席の指定や人気のレストランからローカル店の予約までできちゃいます。

 

日本語対応でサプライズの予約も可能!

 

世界120都市の店舗が登録されているので旅行先でのレストラン予約にはうってつけです。

グルヤクでレストランを予約する

 

 

ホテルチェックアウト

reception

 

ホテルのチェックアウトはあまり話す内容はないのですが一応紹介しておきます。

 

質問・受け答え内容

  • チェックアウトお願いします(自分)
  • 支払い(済んでいない又は部屋の飲料など追加料金があった場合)
  • 部屋の鍵を返して下さい
  • レシートはいりますか?
  • レシートをメールにも送りますか?

 

 

英語出るかもフレーズ

ペイ(Pay):支払い

コピー(Copy):レシート

センド(Send):送る

*レシートに関しては『レシート』と言う事もあるのですが『コピー』を使う場面が多いです

例えば『Do you need a copy?』と聞かれます。

 

対策

「プリーズ・チェック・アウト(Please check out)」と言えばチェックアウトしてくれるので翻訳機を使うよりも英語で言ってしまった方が早いかもしれません。

 

 

空港チェックイン

reception

 

空港のチェックインではチケットの発行と荷物を預けます。

難易度は低いのであまり意識する必要はないかもしれません。

 

質問・受け答え内容

  • チェックインお願いします(自分)
  • パスポートを見せて下さい
  • どこまで行きますか?
  • 預ける荷物は何個ありますか?
  • フライトの確認とゲートの説明

 

 

英語出るかもフレーズ

アイディー(ID):パスポート

ホエア(Where):どこ

ハウ・メニー・バッグ?(How many bag?):バッグ(スーツケース)は何個?

 

対策

空港チェックインの流れはどの国でも同じです。

チェックインデスクに着いたらeTicketとパスポートを出せばチェックインが進んで行くのですぐ出せるように準備しておきましょう!

チェックインについて予習しておきたい方は『空港チェックインの流れをスムーズに!これで安心♪』でまとめているのでご覧になってみてください^^

 

 

保安検査

上述しました乗り継ぎ(保安検査)と同様の内容になります。

 

 

英語ができなくも覚えておくべき3つのこと

ここまで英語ができない方でも海外旅行は可能だと言ってきましたが、必ず気を付けておくべき事が3点あります。

 

それは、

  1. 海外の治安・情報を調べておく
  2. 見た目で人を判断してはいけない
  3. スリや強奪は人通りが多い都会ほど多い

海外の方全員ではないですが過信は禁物です。

 

イタリアやフランスなどのヨーロッパ諸国は集団でのスリが有名で、今まで何人もの日本人の方が被害にあっています。

 

特に海外では日本人は平和ボケしていると思われがちなので自分の身は自分で守りましょう!

リュックなどもセキュリティ高めの物を選びましょう。

 

 

使える英語・英語ができない時の便利なアイテム

item

 

『海外の旅行先で使える便利な英語』と『英語ができなくても旅行をスムーズにする為のアイテム』について紹介していきます。

 

覚えていた方がいい英語・使える英語

簡単に使える英語と応用が効きやすい英語のフレーズをいくつか紹介します。

 

  • エクスキューズ・ミー(Excuse me):すみません
  • アイ・ハブ・ア・クエッション(I have a question):一つ質問があります
  • アム・ガナ・ゴー・トゥー〇〇(I’m gonna go to 〇〇):私は〇〇へ行きます
  • メイ・アイ・ハブ〇〇?(May I have 〇〇?):〇〇はありますか?(〇〇できますか?)
  • ハウ・マッチ?(How much?):いくら?
  • ホエア(Where):どこ
  • ホエン(When):いつ
  • ホワット(What):何
  • ハウ(How):どう
  • センキュー(Thank you):ありがとう

 

旅行先では「May I have〇〇?」は尋ねる時に超便利な英語ので是非覚えていって挑戦してみてください!

 

 

英語ができない時の便利なアイテム&特徴

英語ができない場合の対処法として便利なアイテム『英語の旅行本・翻訳アプリ・翻訳機』のメリットとデメリットについて紹介していきます。

 

英語の旅行本

book

メリット

  • 本を指差すだけで相手に伝えられる
  • 旅行で使える英語に特化しているので簡単に使いたい単語が見つかる
  • 比較的安い

 

デメリット

  • ある程度英語の知識がないと応用が効きにくい
  • 記載していないことには対応できない
  • 荷物になりやすい

 

 

翻訳アプリ

mobilephone

メリット

  • 調べ方次第では英語の応用が効きやすい
  • オフラインで使えるものもある
  • 無料のものから選択できる
  • 物によっては会話も翻訳できる
  • 携帯があればいいのでスペースを取らない

 

デメリット

  • 英語への変換精度が低い
  • その為伝わりずらいことも多々ある
  • オフラインで使うにはダウンロードしておく必要がある
  • 携帯がなければ使えない
  • 変換しながら話すには時間がかかるので会話に限界がある
  • 長文の会話が苦手

 

 

翻訳機

pocketalk

メリット

  • 翻訳特化なので様々な言語に対応可能(英語は国ごとに違いあり)
  • 言語の切り替えが簡単なのでスムーズに会話ができる
  • 比較的小さいものが多い
  • 翻訳のやり取りを記録でき、よく使う表現をお気に入りにできる
  • 検索機能があり発音の練習にもなる

 

デメリット

  • 有料(機器代)
  • 翻訳機を持ち歩く必要がある
  • 通信を必要とするものもある

 

 

英語ができない方におすすめの翻訳アイテム

ここでは英語ができない方でも安心できる翻訳アイテムを紹介したいと思います。

 

紹介する翻訳アイテムは1つだけ。

それは【ポケトーク】です。

 

聞いたことがあっても利用したことはない方が多いのではないかと思います。

 

ポケトークをおすすめする理由は、

  • 簡単(設定不要)で会話を自動保存してくれる
  • 人工知能付きで長文の会話も可能
  • 高度な変換機能で瞬時に変換できる
  • 通信機能を使うが通信料金なしで2年間使い放題
  • Wi-Fi利用&テザリング可能
  • ノイズキャンセリング機能付き(雑音無効化機能)
  • 50万台以上の実績があり満足度が高い

 

ざっと理由を紹介しましたが、ポケトークは保存機能と翻訳機能を使うことで勉強にも使えますし海外旅行以外に日本で海外の方と会話することもできます。

 

アップデート機能があるのでどんどん使いやすくなっていく”進化型の通訳機”です。

機器は小さいですが、なくならないようにストラップを付けることもできます。

 

価格は性能に比べてかなり安いので英語ができなくて自信がない方におすすめです!

興味が出たら【ポケトーク】の確認ページ をご覧になってみてください^^

 

詳しくポケトークについて知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【翻訳機】ポケトークで快適な海外旅行に!学習・ビジネス・接客にも
『箱から出してすぐ使える』がコンセプトの高性能翻訳機ポケトーク。翻訳言語のバリエーションの多さ・翻訳までの素早さから”通訳機”とも呼ばれています。使い方、おすすめする理由、アプリを連動した学習・仕事・接客応用編など紹介しています。

 

 

英語ができない海外旅行対策まとめ

happy

 

英語ができない海外旅行対策6条

  1. 各タイミングで必要書類は事前に準備しておくこと
  2. 必要となる質問内容は答えられるように事前に予習しておくこと
  3. 英会話アイテムを忘れないこと&使うタイミングは考えておくこと
  4. オプショナルツアーでネット予約やネット注文を駆使すること
  5. 困った時こそ翻訳ツールの出番
  6. ジェスチャーも一緒に駆使すると気持ちが伝わりやすい

 

 

なんでも事前準備が大切

今は英語が話せないのは仕方がないので最大限楽しめるようにしっかりと準備を!

とりあえず今回は英会話アイテムを駆使しつつ、少し考えながらコツを掴んで次回の海外旅行に活かしましょう^^

 

楽しむことに夢中になって身の回りの安全を疎かにしないように注意も忘れずに!

 

タイトルとURLをコピーしました