【機内サービス】の流れを事前にチェック!これで不安も解消♪

airplane2旅行に役立つ情報

この記事では飛行時の行動やサービスの流れを紹介しています。

機内サービスの流れは必ずしも知っておく必要はありません。

こんな方におすすめ

 

  • 飛行機を利用するのが初めてで、何もかもが不安
  • サービス利用時などに恥ずかしい思いをしたくない
  • 何事にも前提知識が必要だと考えている
  • 知らないばかりに苦労するのが嫌だ
  • 飛行機初心者だと悟られたくない

 

該当する方、興味がある方はぜひご覧ください^^

 

 

スポンサーリンク

飛行機内の流れ

 

【機内サービス編】 Step1▶︎まずは自分の席へ

チケットを見て自分の席へ向かいましょう!

 

Check Point

座席の並びは、

機内に入って一番手前が『A』で、奥に向かって『BCD…』となっています。

国際線などの大きい機体では、機体の後ろまでの通路が2本ありどちらに進めばいいか少し戸惑うかもしれません。

機内に入ってすぐの壁に座席の並びが書いてあるのですが、

心配な方は添乗員さんが飛行機の入り口にいるので確認して教えてもらいましょう!

なのでチケットは片付けずに手に持っておくと確認するのも簡単ですね^^

 

【機内サービス編】 Step2▶︎荷物を棚に入れる

席に着いたらまずは荷物を『席上の棚』または『足元(前の席の下)』に入れます。

nidana

席上の荷棚参考

seat

座席下参考

どちらに荷物を置くか迷うなら、

荷物が多いのであれば上の棚小さいのであれば取り出しやすい足元に置いておくといいかもしれません。

 

Check Point

荷物を収納する際に、

  • 乗客が多く上の棚が一杯で荷物を入れることが出来ない。
  • 上の棚が一杯で、前の座席の下に入れようとしても荷物が大きくて入らない

と、このような事態がたまにあります^^;

もしも荷物を収納するスペースが見つからなければ、

遠慮せず添乗員さんにお願いして空いている所を探してもらいましょう。

 

【機内サービス編】 Step3▶︎シートベルト着用

シートベルを着用するタイミングは、

基本的には席の上部にある着用ランプが点灯したら着けるのですが、

慣れている人は隣の席が埋まるか、もう埋まらないと判断したらすぐにシートベルトを着けます。

先に着用する事で、後の時間を焦らずゆっくり過ごすためですね。

 

Air plane

【機内サービス編】 Step4▶︎飛行機離陸

離陸の際は、基本的に化粧室(トイレ)は利用できません

Check Point

搭乗して離陸するまで意外と時間があるので、

トイレは先に済ませておきましょう。

*フライト中は通信障害防止の為電子機器の通信を切る必要があります。

電源を切らなくても良いので機内モードにしておきましょう。

離陸直前にテーブル・背もたれ・フットレストを戻すようアナウンスがあります。

 

In the plane

【機内サービス編】 Step5▶︎機内サービスの流れ(短距離)

短距離飛行での機内サービスを紹介します。

*LCCは含みません。

 

短距離飛行の機内サービス

ドリンクサービス

離陸して機体が安定したら飲み物の提供があります。

何の種類があるか分からない時は、遠慮せず添乗員さんに確認してみましょう!

 

食事サービス

大体の航空会社で、ドリンクサービスの後に食事提供があります。

基本的に選択肢はありません。

もしもアレルギーがある方や宗教上食べられない物がある方は、

事前に各航空会社のウェブサイトか窓口にて『特別機内食』を申し込みましょう。

心配な方は食べ物を機内に持ち込めるので持参するのも手段の1つです。

飲み物のサービスは離陸・着陸時以外ならいつでも頼めます。

専門ワード

LCC:格安航空会社のこと

LCCの例:Jetstar、Peach、セブパシフィックなど

 

【機内サービス編】 Step6▶︎機内サービスの流れ(長距離)

長距離飛行時(約7,8時間以上)での機内サービスを紹介します。

*ただしLCCは含みません。

 

長距離飛行の機内サービス

ドリンク&スナックサービス

離陸して機体が安定したら飲み物とスナックの提供があります。

 

食事サービス

時間帯にもよりますが、飲み物のサービスが来て約30分から1時間後に食事の提供があります。

そして着陸1,2時間前に2度目の食事提供があります。

*この食事提供の間に軽食が提供される航空会社もあります。

 

Check Point

食事提供時に寝てしまっても大丈夫!

食事提供の際に寝てしまって食べられなくても、添乗員さんにお願いすれば持って来てくれます。

 

メニューの選び方

エコノミークラスの場合

座席の前のポケットにメニュー表が入っているはずです。

基本的に2種類の中から選びます。

「chicken or beef?」と聞かれると思っている方が多いみたいですが、

実際はメニューの内容を説明されることがほとんどなんです^^;

日本の航空会社を利用している場合は、『日本食か相手国の食事』の2択になります。

座席が後ろの方だと、たまに選んだものがない場合もあります。

 

ビジネスクラスの場合

一般的には添乗員さんがメニューを持って来てくれて、

『昼と夜』または『夜と朝』の2食分のメニューを選ぶことになります。

航空会社にもよりますが、和洋中(韓)の中から選びます。

長距離飛行のビジネス以上のクラスは、

離陸・着陸前でなければいつでもラーメンなどの軽食を頼むことができます。

 

長距離飛行も同様に、

アレルギーがある方や宗教上食べられない物がある方は、

事前に各航空会社のウェブサイトか窓口にて『特別機内食』を申し込むことが出来ます。

飲み物のサービスは離陸・着陸時以外ならいつでも頼めます。

 

【機内サービス編】 Step7▶︎入国カード&税関申告

入国カードと税関申告書は機内で配布されます。

もし事前に用意されていなければ受け取り記入しましょう。

 

border Protection

税関申告書参考/アメリカ

 

Check Point

税関申告書に関しては、台湾など不要な国もあり配られない場合があります。

*ただし免税範囲を超える場合は申告する必要があります。

 

配布するタイミングはほとんどの場合”空港離陸前”です。

寝てしまって受け取り損ねても添乗員さんにお願いすれば貰えますし、

入国ゲートの前にテーブルが設置されていて、

入国カードと税関申告書など必要書類が準備されているのでそこで記入することも可能です。

 

【機内サービス編】 Step8▶︎着陸前準備

飛行機下降前にテーブル・背もたれ・フットレストを戻すようアナウンスがあります。

着陸態勢に入ってしまうと化粧室を利用できなくなるので、事前に済ませておきましょう。

 

【機内サービス編】 Step 9▶︎着陸

Check Point

着陸してゲートにドッキングされたらシートベルトサインが消えるのですが、

乗客が一斉に立って混み合う可能性があるので、身の回りの物を事前に片付けておくとスムーズに出ていけます。

時間に余裕があるなら無理せず後から出るのも1つの手ですね^^

 

hikouki

【機内サービス編】 Step10▶︎飛行機から降りる

通常は搭乗時と同じようにゲートを通って飛行機を出るのですが、

空港到着時に”ゲートが空いていなかったり小型の機体の場合”は以下のパターンが考えられます。

 

Check Point

一旦飛行機から階段で外に出て、

  • ゲートの入り口に歩いて入るパターン
  • 外にバスが待機していてゲートまでバスで移動するパターン

このようなパターンがあります。

焦らなくても大丈夫です!スタッフが誘導してくれるので指示に従いましょう。

ゲートまで向かうのはみんな同じなので、周りの動きに合わせると問題ないです!

 

【機内サービス編】 Step11▶︎入国or乗り継ぎへ

入国する方は、入国ゲートへ進みます。

乗り継ぎの場合は、乗り継ぎロビーへ向かいます。

 

Check Point

乗り継ぎの際の注意点として、

チェックインの流れで簡単に紹介していますが、

『利用する機体が変わる場合』や『航空会社が変わる場合』は、

受託手荷物を一旦受け取り、預け直す必要があります

 

航空会社が同じであれば利用する機体が変わっても、到着地まで一貫で運んでくれる場合もあります。

*チェックインの際に確認しておきましょう。

 

到着時によく見る単語

immigration:入国

transfer:乗り継ぎ

domestic:国内線

international:国際線

 

 

機内の余裕は準備で生まれる

機内でゆっくりとした時間を過ごすには搭乗前の準備が欠かせません。

忘れ物をして、頻繁に立ったり座ったり、そわそわしている方をよく見かけます。

搭乗前までに準備をしておけば行動を必要最低限に抑えることができます。

飛行機移動も疲労がたまりやすいです。

機内での行動を抑えて、旅行先で遊ぶことに全力を注ぎましょう!

長時間フライトの補足

機内を少し歩いたりして、血が下半身にたまりにくくする事で、

エコノミー症候群足のむくみを出来るだけ和らげることができますよ^^

 

座席の特徴を今のうちに確認しておきたい方はこちらをご覧ください^^

【座席の特徴まとめ】座席選びで後悔しないように!必ずチェック
簡潔にメリット・デメリットで紹介しています。 出来るだけ避けたい『オススメできない座席』についても紹介していますので参考にしてみてください。 全ての座席の特徴を知り、 自分の好みの座席選びをしましょう^^

 

タイトルとURLをコピーしました