【北海道】留萌・苫前の温泉おすすめ7選!日々の疲れを癒す温泉選び

huwatto0北海道
出典:じゃらん(露天風呂)

北海道に行くなら有名どころや絶景の温泉を抑えておきたいところ…。

ここでは札幌と稚内の中間地点、留萌(るもい)・苫前周辺エリアでおすすめの温泉や宿に関して紹介しています。

北海道の温泉選びの参考になればと思います^^

どうぞゆっくりとご覧ください♪

この記事で手に入る情報

  1. 住所
  2. 宿泊料金
  3. 入浴料金
  4. 入浴利用時間
  5. 宿泊の有無
  6. 日帰り温泉の有無
  7. 定休日
  8. 駐車場の有無
  9. タオル貸出の有無

*温泉料金は基本的に日帰り入浴時の料金となります。

*住所に〇〇温泉と付く場合、住所がエリアで統一されている場所で詳しい位置まで検索できない場合があります。なので検索する際にはホテルや旅館の名称で検索することをお勧めします。

移動手段には、北海道の公共機関情報サイトも一緒にご利用になってみてください。

JR北海道 公式サイト

バス時刻・料金表 沿岸バス株式会社

満足度No.1レンタカー料金比較サイト

 

 

スポンサーリンク

北海道の温泉 留萌・苫前・増毛のおすすめ定番・絶景温泉7選

 

【神居岩温泉】 留萌 ホテル神居岩

kamuiwahotel

出典:じゃらん(外観)

kamuiwahotel

出典:じゃらん

温泉は単純温泉とナトリウム塩化物泉の2種類の温泉を使用した、寝風呂・気泡風呂・漢方皇源薬湯風呂・打たせ湯・サウナなどが完備。

留萌は海沿いに位置しているので、新鮮な海鮮を仕入れる事ができ夕食時には旬の海の幸を使用した料理をお部屋でいただく事ができます。

料金もリーズナブルなので、ドライブやツーリングの休憩地点としてご利用してみてはいかがでしょうか。

ゆこゆこで料金確認&予約

じゃらんで料金確認&予約

現地情報内容
場所留萌市留萌村カムイワ495
料金:宿泊(2名)8,364円~
料金:温泉

大人:500円

子供:200円

入浴利用時間

日帰り:10:00~23:00

*月・金曜日:~22:00まで

宿泊者:

[午前]5:00~8:00

[午後]10:00~23:00

*月・金曜日:~22:00まで

宿泊有り
日帰り入浴(温泉のみ)有り
定休日無し
駐車場有り:無料
タオル貸し出し(日帰り)

 

【光明石温泉】 留萌 ゆったりかん

yuttarikan

出典:じゃらん(外観)

yuttarikan

出典:じゃらん

温泉には疲労回復・神経痛・腰痛やなどの効能があり『活性の湯』とも呼ばれている光明石温泉を使用しています。

ロビーや館内レストラン『レストラン黄陽』からは日本海の素晴らしい夕日を望む事ができます。

旅で疲れた体と心を温泉と食事と絶景で癒しましょう、、。

じゃらんで料金確認&予約

現地情報内容
場所留萌郡小平町字小平町458番地25
料金:宿泊(2名)9,259円~
料金:温泉

大人:500円

子供(4歳~小学生):300円

入浴利用時間

日帰り:10:00~22:00

*受付終了:21:30

宿泊者:

[午前]6:00~8:00

[午後]10:00~23:00

宿泊有り
日帰り入浴(温泉のみ)有り
定休日無し
駐車場有り:無料
タオル貸し出し(日帰り)

 

【とままえ温泉夕陽ヶ丘温泉】おすすめ 苫前 とままえ温泉ふわっと

huwatto

出典:じゃらん(足湯)

huwatto0

出典:じゃらん(露天風呂)

新鮮魚介料理と天然温泉が人気の温泉旅館。

温泉施設として、大浴場・内露天風呂・外露天風呂・ジャグジー・サウナを完備。露天風呂からは日本海のオーシャンビューを愉しむ事ができます。

テラスでは日本海を眺めることができ、さらには無料で足湯を堪能することができます。足湯に浸かりながら日本海の夕日をゆっくり眺めるのも乙。

夕食は新鮮な海鮮を使用した料理が提供されており、ビジネスやカップル・ファミリーなどニーズに合わせたプランを選ぶことができます。

じゃらんで料金確認&予約

現地情報内容
場所苫前郡苫前町苫前119番地1
料金:宿泊(2名)9,814円~
料金:温泉

大人:500円

小学生:250円

小学生未満:無料

入浴利用時間

日帰り:10:30~22:00

*受付終了:21:30

宿泊者:14:00~翌8:00

*2:30男女湯入れ替えあり

宿泊有り
日帰り入浴(温泉のみ)有り
定休日無し
駐車場有り:無料
タオル貸し出し(日帰り)

バスタオル:300円

フェイスタオル:150円

 

【羽幌温泉】 苫前 はぼろ温泉サンセットプラザ

haborosanset

出典:じゃらん(外観)

haborosanset0

出典:じゃらん

天然温泉を使用した、大浴場・寝湯・打たせ湯・露天風呂・ジャグジー・サウナを完備。夏季のみ温泉プールも営業しています。

夕食には羽幌特産食材を使用した料理が用意されています。新鮮な山の幸や海の幸を楽しめるでしょう。7階の展望ラウンジでは、夕日や夜景を眺めながらくつろぐことができます。

エントランスホールには羽幌の特産品を購入できる売店もありますよ。

エクスペディアで料金確認&予約

じゃらんで料金確認&予約

現地情報内容
場所苫前郡羽幌町北3条1丁目29番地
料金:宿泊(2名)16,666円~
料金:温泉

大人:500円

子供(4歳~小学生):280円

4歳未満:無料

入浴利用時間

日帰り:10:00~22:00

宿泊者:

[午前]5:30~8:00

[午後]15:00~翌1:00

宿泊有り
日帰り入浴(温泉のみ)有り
定休日無し
駐車場有り:無料
タオル貸し出し(日帰り)

バスタオル:100円

フェイスタオル(販売):120円

 

【しょさんべつ温泉】 苫前 岬の湯

misakinoyu

出典:じゃらん(外観)

misakinoyu

出典:じゃらん(露天風呂)

水平線に浮かぶ利尻富士を眺めながら露天風呂を堪能することができる温泉宿。

温泉施設として、大浴場・気泡風呂・露天風呂・水風呂・サウナを完備。

夕食には前浜であがったタコ・ヒラメ・ふぐ・カレイ・カワハギなどの新鮮な海の幸を楽しむことができます。

近くにある金比羅神社では、鳥居と重なった夕日を望め、普段とは一味違う更に神聖な雰囲気を感じることができます。

じゃらんで料金確認&予約

現地情報内容
場所苫前郡初山別村字豊岬153番地
料金:宿泊(2名)11,111円~
料金:温泉

大人:500円

子供:250円

入浴利用時間

日帰り:

[午前]6:30~7:30

[午後]11:00~21:30

宿泊者:

[午前]6:30~7:30

[午後]11:00~23:00

宿泊有り
日帰り入浴(温泉のみ)有り
定休日無し
駐車場有り:無料
タオル貸し出し(日帰り)有り

 

【トロン温泉】 増毛 オーベルジュましけ

aubelju

出典:じゃらん(レストラン/夕焼)

aubelju

出典:じゃらん

三國シェフ監修のホテルで、地産地消にこだわり、新鮮な山海の幸を使った料理が提供される料理旅館。

こだわり抜かれた創作料理は大人気で、増毛による際は一度は足を運ぶ価値あり。せっかく一流の料理を味うなら贅沢にグレードアップ創作コースプランがおすすめです。

大浴場からは、雄大な海原や夕日を望むことができます。

じゃらんで料金確認&予約

現地情報内容
場所増毛郡増毛町別苅217番地1
料金:宿泊(2名)12,037円~
料金:温泉

大人:550円

小学生:310円

入浴利用時間

日帰り:11:00~22:00

宿泊者:11:00~23:00

宿泊有り
日帰り入浴(温泉のみ)有り
定休日無し
駐車場有り:無料
タオル貸し出し(日帰り)300円

 

【岩尾温泉】おすすめ 増毛 岩尾温泉宿(夕陽荘)

iwaoonsennyado

出典:じゃらん(バルコニー)

iwaoonsennyado

出典:じゃらん

客室・温泉・バルコニーどこからでも絶景の夕日を望むことができる温泉宿。

天然温泉を使用した心から温まることができる展望大浴場や宿泊者は600円で使用することができる岩盤浴を完備。

夕食は日本海で採れた新鮮魚介を使用しており、”海鮮炭焼き”は絶品で舌鼓を愉打つことでしょう。

全3室のすべて和室で、ゆっくりした時間・ゆっくりとした温泉・ゆっくりとした食事をいただくことができる。

1日の終わりは海の近くで素晴らしい夕日とともに過ごしましょう。

非日常的な滞在を満喫したい方におすすめです。

じゃらんで料金確認&予約

現地情報内容
場所増毛郡増毛町岩尾140番地
料金:宿泊(2名)23,703円~
料金:温泉

大人:500円

子供:250円

入浴利用時間

11:00~20:30

*土日祝日:10:00~

宿泊有り
日帰り入浴(温泉のみ)有り
定休日毎週水曜日
駐車場有り:無料
タオル貸し出し(日帰り)有り

 

【北海道】温泉宿や旅館など宿泊先を選ぶ3つの方法♨︎

旅館や宿やホテルでは、何種類もの温泉や、バイキングやビュッフェなどの料理、和式や洋式などの客室、様々なニーズに応えるために様々なものが様々な形態で完備されています。

多様な形態が完備されているのはありがたい事ではあるのですが、きっと選択肢が多すぎて選ぶのに困る方もいるのではないかと思います。

差し出がましいかもしれませんが、そんな方にちょっとしたアドバイスを。

アドバイスと言っても簡単な話で、どの宿にするか選べない理由として”色々な魅力が気になってしまい捨てがたい”のだと思います。

全て気になってどれも欲しくなる気持ちはわかるのですが”少しだけ的を小さく”してみましょう。

絞る的は3つだけ。

1、旅行のメインの目的は何?

温泉?料理?観光?

2、そして誰と行くのか?

小さな子供のいる家族?恋人?高齢の祖父や祖母と?

3、最後に資金はどのくらい余裕があるか?

特別な旅行なら贅沢に。目的が旅館や宿でなければ少し安めに。

 

ここまで絞れればきっと自分や同行者に合った宿泊先を選べるのではないかと思います。

もちろん悩むのも旅行の醍醐味だと思うので参考程度に受け取ってもらえればと思います。

 

快適な北海道旅行の手助けになれれば幸いです^^

 

タイトルとURLをコピーしました