【受託手荷物】荷物の制限を事前にチェック!失敗しない旅行へ

旅行に役立つ情報

飛行機での預け荷物(受託手荷物)とは、

簡単に例えるなら『車のトランク』に入れるもののことです。

預けてしまったら到着するまで荷物を取り出すことは基本的には出来ませんし、

預ける荷物の中身にも制限があります。

預けることができないだけで、機内に持ち込めば問題ない制限もあるのですが、

それ以外の場合は、荷物を捨てるか、物によっては搭乗拒否されかねません。

 

この記事では、まだ飛行機に慣れていない方が後悔したり迷ったりしないように、

 

”預ける事が可能な荷物”

”預ける事が不可能な荷物”

を分けてわかりやすく紹介しています。

 

荷造りする際に一度ご覧ください^^

 

 

スポンサーリンク

受託手荷物の制限

受託手荷物は、制限さえ守れば液体も日用品のスプレーも預けることが可能となっています。

ただし液体物を入れすぎるとすぐに超過してしまうので、シャンプーなどは小分け用のボトルに日数分の量だけ入れて持っていきましょう。

small bottle

小分けボトル参考

どこの航空会社も同じなのですが、マッチ・ライターやガスボンベなどの引火性・発火性のあるもの、

殺虫剤や漂白剤などの有害で刺激的なものは預けることができません。

 

Pointメモ

旅行先で購入した物が受託可能か微妙な場合は、

お土産を購入した店舗または空港から家まで送ることをお勧めします。

旅行の帰りも油断せず、受託制限には気をつけましょう!

 

azukekanou

受託可能手荷物一覧

 アルコール飲料

その他液体

アルコール度数

24度以上70度以下の物は5ℓまで可能で、

24以下の物は制限がありません。

70度以上の物は預ける事が出来ません。

その他の液体物は、

『引火性・発火性・有害・刺激物』

でない限り受託可能です。

 日用品
スポーツ用スプレー

スプレー類は、

1容器0.5kg又は0.5以下の物で、

総量は2kg又は2ℓまでです。

  • マニキュア、除光液などのネイル用品
  • ヘアスプレー、育毛剤などのヘアケア用品
  • 消臭、虫よけスプレー
  • 制汗、冷却、清涼スプレー

などが受託可能です。

衣類・靴

問題なく預けられます

ただし重量超過に注意しましょう。

ドライアイス

2kg又は2まで受託可能です。

生鮮食料品などを冷やす目的以外では預ける事は出来ません。

ヘアカラー

ヘアアイロン

ガス式は1個まで

詰め替え用カートリッジは不可

その他は受託可能です。

布製のカバーの物はガスを取り外した状態で預ける事

ナイフ・カッター
  • ナイフ、果物ナイフ
  • 包丁、カミソリ
  • カッター、葉巻きカッター
  • 彫刻刀、キリ

などが受託可能です。

スポーツ用品

『重量は45kgまでで、3辺の合計が292cm以内の物』

であれば受託可能です。

ただし

3辺の合計が292cm以内でも、飛行機の機種により受託可能な制限が異なります。

もし3辺の合計が158cmを大幅に超える場合は航空会社に確認ください。

超過料金発生に注意!

292kg以内の物が受託可能な機種でも、重量23kg以上又は3辺の合計が158cmを超えると超過料金が発生します。

  • バット
  • ゴルフクラブ
  • スノーボード

などスポーツ用品全般が受託可能です。

道具・工具
  • チャイルドシート

(11歳以下のお子様が同乗する場合のみ)

  • 義手、義足
  • 釣竿、鉄パイプ
  • ドライバーやハンマー
  • ガス式以外の半田ごて

など工具全般が受託可能です。

リチウム電池用品
(スマートバゲージ含む)

リチウム製品は、

リチウム電池が取り外し可能なものだけ受託可能です。

リチウム製品の例

    • モバイルバッテリー
    • パソコン
    • 携帯

など充電式電池を使用しているもののことです。

最近では特に厳しくなっているので注意しましょう。

預ける際は電池は取り外し、

”電池は機内へ持ち込む”必要があります。

リチウム電池を受託する事は出来ません。

スマートバゲージとは

他の電子機器を充電する機能など付いており、充電する機器とリチウム電池が一体化したカバンです。

武具・銃器
  • ヌンチャク
  • メリケンサック
  • 木刀
  • エアガン
  • 鉄砲

(鉄砲所持許可証など必要で航空会社により制限があります)

などが受託可能です。

 

azukekinshi

受託不可手荷物一覧

発火性・引火性物質
  • マッチ
  • ライター(ガス式,オイル式ライター含む)
  • 70度を超えるアルコール飲料
  • 花火、クラッカー
  • 引火点が摂氏60度以下の液体やペースト(スキー用ワックスなど)
  • 燃焼用の炭や活性炭(浄化、浄水用のものは受託可能)
  • オイル充填式携帯カイロ
  • 加熱式弁当(発熱剤付き弁当)

などが該当します。

有害・刺激的なもの
  • 殺虫剤
  • エタノール、シンナー
  • 腐食性物質(漂白剤)
  • 酸化性物質
  • 放射性物質
  • そのほか類似するもの

などが該当します。

高圧ガス
  • ガスボンベ(カセットコンロ用ボンベなど)
  • スポーツ酸素スプレー

などが該当します。

電子タバコ
  • IQOS
  • グロー
  • ベイプ(水蒸気タバコ)

が該当します。

水銀を使用するもの
  • 水銀気圧計
  • 水銀温度計

が該当します。

ただし水銀医療用体温計は、個人用で保護箱に入っていれば1まで受託可能です。

 

受託手荷物についての補足

製品に『高温に注意』と表示があるものは非引火性ガスを使用しており、

製品に『火気と高温に注意』と表示があるものは引火性ガスを使用しています。

 

 

 

受託手荷物はバランスが大切

気をつけなければならないのは、

意外な日用品』も危険物と見なされてしまうということです。

液体の制限に関しては耳にしたことがある方でも、

普段使うものまで制限があることは盲点になりがちです。

どうしても必要であれば現地購入を考えるか、

同行者と制限以内量で分けて持って行く事も計画に入れてみてはいかがでしょうか^^

必要な物を荷物制限と重量制限に気をつけながらバランスを取りながら準備していきましょう!

 

受託手荷物の制限も重要ですが、サイズや重量にも気をつけなければなりません、、。

まだご存知なければこちらの記事を参考にしてみてください^^

【航空会社別】スーツケースのサイズや重量制限は?失敗しない旅行へ
預け荷物のサイズや重量が心配ではありませんか?まだ飛行機に慣れていない方が後悔したり迷ったりしないように、”LCCの詳細や注意点””航空会社毎の受託荷物の制限サイズ””航空会社毎の受託荷物の制限重量”を分けてわかりやすく紹介しています^^

 

興味があればればこちらも参考にしてみてください ↓ ↓

機内持ち込み用の手荷物制限

空港〜税関検査までの一連の流れ

 

タイトルとURLをコピーしました